XiaomiがMicroSDカードとして機能するSIMカードを発売か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

現在、多くの携帯電話にはmicroSDカードスロットがありません。多くの人が拡張ストレージを便利だと感じていますが、一部のメーカーは、より重要な部品でで満たすことができる貴重なスペースを確保するため、この機能を含めることを躊躇っています。ただし、Xiaomiが取得した特許ではこれを解決できるかもしれません。

すべてのスマートフォンにSIMカードスロットが必要になるので、microSDカードでもあるSIMカードを用意すれば、携帯電話の余分なスペースを占有する別のmicroSDカードスロットは必要ないということになります。

IT Homeが発見した特許は、Xiaomiがそのような方法に取り組んでいることを示しています。
カードの片側には通常のSIM情報があり、もう一方にはストレージ読み取り面があります。勿論、これには両面を読み取ることができる専用のSIMトレイが必要になります。

残念ながら、この特許のデザインは、Xiaomiが独自の特許技術となる可能性がたかいでしょう。
他の企業が使用しているmicroSD技術ではないため、Xiaomiの携帯電話だけが使用できる、もしくは独自規格の端子となりUSB-Cのように普及することはむずかしいのではないでしょうか

これは素晴らしいアイデアであるが、少し遅かったかもしれません。
SIMカードを用いない eSIM技術が今のスマートフォンで一般的な技術になりつつあるため、物理的なSIMトレイは、今後数年のうちに携帯電話では見られないものになる可能性があります。

ただし、その間、Xiaomiは製品を購入するために拡張可能なストレージを探している人々を魅了することができるかもしれない。

Source







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加