なぜウォーレン・バフェットはアップルに巨額投資をし続けるのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

今週初め、ウォーレンバフェットのバークシャーハサウェイが8億ドル以上のAAPL株(アップル株)を売却したことが報告された。これは、バークシャーハサウェイ(バフェット氏の会社)が所有するアップルの総株式と比較して、大きいものではありません。現在The Wall Street Journalのレポートでは、バフェットがAppleの巨額の出資で彼の「象」をどのように見たかを詳述しています。

レポートによると、2016年にコングロマリット社が株式を購入し始めて以来、バークシャーのアップル株式の価値は2倍以上になりました。

つまり、Appleはバークシャーの時価総額の14%を占めており、これは「ポートフォリオ内のどの単一株よりも多い」ということです。

バフェット氏にとってアップルは「確かに象」だ、とバークシャー株式の長年の所有者であるガードナー・ルッソ&ガードナーのパートナーであるトーマス・ルッソは言った。 「それは彼が確かに大きな太ったピッチでスイングすることを喜んで示しています。」

このレポートでは、バフェットの投資戦略が長年にわたってどのように変化したかを詳しく説明しています。早い段階で、バフェットは価値以下で販売する企業に投資しました。彼は後に、競争上の優位性を持つ「健全な企業」の買収に移行しました。

バークシャーの会長兼最高経営責任者(CEO)のバフェット氏は、初期の投資年を「葉巻の吸い殻」、つまり会社の業績に関係なく投資が利益を生む可能性のある価値をはるかに下回って売っていた企業を購入しようとして費やしました。彼は後に、競争力のある優良企業をリーズナブルな価格で購入することに集中しました。

バフェットは2016年の初めにバークシャーのポートフォリオマネージャーの1人が会社の10億ドルの株式を購入したときにAppleの勉強を始めました。

「彼は会社を勉強し、孫たちにアップル製品への忠誠について質問したとき、バフェット氏はアップルが信頼できる会社だと決めた」とウォール・ストリート・ジャーナルの報告書は説明している。バフェットにとって、これは戦略の大きな変化で、彼は一般にすべてのテクノロジー企業を理解していなかったため、それらを避けていました。

完全なレポートには、バークシャーのアップルおよびその他の企業への投資と、今後の状況の変化に関する興味深い詳細が含まれています。

Source







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加