実写版アンチャーテッド、スパイディが語る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

アンチャーテッドはPS3が発売された2007年に第1作目が発売され、スピンオフも含めて今のところ6作品あるソニーの人気ゲームシリーズ。
長年にわたってプリプロダクションが行われ、脚本と主演のMCUのスパイダーマンことトム・ホランドが決定しているのにも関わらず、監督が決定しては去る決定しては去るを繰り返してきた今作。どうやらそのストーリーは第4作目の「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」にインスピレーションを受けているようだ

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』 プレイ動画映像

4作目のアンチャーテッドは大好きなゲームの一つだよ。とくに実写版で多くの影響を受けたのもこの作品だね。

ゲームで描かれた主人公ネイサン・ドレイクよりもさらに若いトム・ホランドがシリーズものになるかもしれないポテンシャルのある今作でネイサンが一番年を取っていた作品からインスピレーションを受けるというのはちょっとおかしいと思うかもしれないがそんなにおかしいことでもないかもしれない。
なぜなら、4作目ではあるシーンでフラッシュバックのシーンがあり、トムの現在の年齢よりもさらに若いネイサンが登場するからだ。、もしかしたらこのようなシーンが今回の実写版に何らかの形で影響を与えているのかもしれない。

そして忘れてはいけない4作目の大きな部分はネイサンの兄であるサムの存在である。彼は過去の作品で全く登場することなく、4作目で主人公のネイサンのキャラクターのイメージを変えることになった。もしかしたら彼を実写版でとうじょうさせることにより、キャラクターに意外性を付け加えるのかもしれない。

トム・ホランドは実写版の制作が一か月以内に始まると認めており、「ゾンビランド」や「ヴェノム」などで有名なルーベン・フライシャーが担当することになり、今回は変更はないとされている。また、ネイサンの師匠的存在であるサリー役は「トランスフォーマーシリーズ」で有名なマーク・ウォールバーグが演じる予定である。

ソース元: https://www.cinemablend.com/news/2490451/tom-holland-reveals-which-uncharted-game-especially-inspired-the-movie







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加