あたしンち7年ぶりに復活!12月からAERAで新連載スタート「続きを描きたくなった」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2019年12月23日に朝日新聞出版のAERA(アエラ)の雑誌で、作者のけらえいこさんがあたしンちの連載を新たに始めた。1994年6月5日から連載が始まり、2012年3月11日に読売新聞日曜日版で終了してから、7年以上経過している。読売新聞日曜版を読んでいたり、漫画やアニメのあたしンちを観ていたりした方にとって、待望の新連載だ。

2012年に作者のけらえいこさんが連載を辞めた主な理由としては、漫画を描き始めた頃は主人公の女子高生であるみかんの視点だった。しかし、読売新聞日曜版の連載を続けていくうちに、みかんのお母さんの視点で描くようになったからである。

あたしンちの新連載について、読者はどう思っているのかフォーカスしたい。

読者の間では、好意的な意見が多く、新連載のあたしンちへの注目度は高い。

新連載のあたしンちの設定は過去の連載の時と同じそれになっているため、以前からご存知の方は、親近感を持って引き続き読むことができるのではないだろうか。

2月からnoteというサイトで月に2回の頻度で、AERA(アエラ)で掲載された作品を、購読して読むことができる。

昔からのファンの方や読んだことない方も、楽しんで読むことができる。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加