【炎上】ラブライバーVSフェミニスト、キャラのスカートのシワを巡って全面戦争

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

深夜帯アイドル系アニメ「ラブライブ」のファンと女性の地位向上を目指す、フェミニストの間でキャラクターデザインに対して抗争が巻き起こっているようだ。




発端はみかんとキャラクターのコラボ

スカートのシワが不自然との声も

静岡県沼津市のブランドみかん「西浦みかん」とラブライブのキャラクターがコラボし販売するキャンペーンだが、このコラボキャラクターのスカートのしわの寄り方が普通のスカートとは違いボディラインに不自然に寄り付いており卑猥だとの声がフェミニスト界隈で上がった。

フェミニスト側からは規制しろとの声が上がる

フェミニスト側はわいせつな表現とし規制を求める意見が見られ、実際のすかーの写真を用いてこのシワは不自然であると意見するものも現れた。

ラブライバー側は真っ向から反論

献血ポスターに使われたイラストも問題になっていた

少し前に献血ポスターのコラボキャラクターとして使われた「宇崎ちゃんは遊びたい!」のキャラクターの胸の書かれ方が卑猥であると問題になった、これも今回と同様のケースで献血ポスターとしての公共性からどうなのかと問題になったことがある。

JA側はポスターを撤去

抗議によりJAなんすんは当該ポスターを撤去、しかしラブライバー側はJAに対してポスターの再掲示を署名活動によって募っている。現在は1万筆以上が集まっているようだ。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加