ロバート・パティンソンのバットマンがベン・アフレックのよりも優れている理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

バットマンは皆さんご存知でしょうか?近年ではベン・アフレックがバットマンを演じた「ジャスティス・リーグ」や「バットマンvスーパーマン」なので有名です。今回2021年に公開される「The Batman」は「トワイライトシリーズ」や「ハリーポッターと炎のゴブレット」などで有名なロバート・パティンソンが演じますが、その前にも多くの俳優によって演じられてきました。この対照的なバットマンを比較してみましょう。

ベンのバットマン

ベン・アフレックのバットマンはコミック「The Dark Knight Returns」で描かれたような灰色で短い耳の胸に大きなシンボルがあるシンプルなデザインでバットマンとして長年活躍した後の疲弊しているブルース・ウェインを演じました。そのデザインはコミック的でとても実用的とは言えませんでした。

ロバートのバットマンの胸のシンボル

一方で、ロバート・パティンソンのバットマンのデザインは現実的で耳が長いのはどうかと思いますが首が動かせるなど実用的です。また、ボディはベンのスーツよりも武装されていて、よりボディーアーマー感があります。胸のコウモリのデザインは彼の両親を殺した拳銃を使っています。

ソース元: https://screenrant.com/batman-robert-pattinson-batsuit-costume-ben-affleck-comparison-better/







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加