サムスンの二つ折りのスマホが登場!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2月11日にサムスンは、サンフランシスコで行われたGalaxy UNPACKED 2020のイベントで、二つ折りが可能なGalaxy Z Flipを発表した。

Galaxy Z Flipは4Gに対応するスマートフォンだが、注目したいのは液晶の画面のところを曲げて、二つ折りにしてポケットや鞄にスペースを取らずにしまうことができる。2000年代の頃までは、ユーザーの多くはガラパゴスケータイを使っていたが、その頃のガラパゴスケータイと同様な形状を彷彿させる。

果たして、日本でGalaxy Z Flipは流行するのだろうか?アメリカで販売されているGalaxy Z Flipの価格は、1,380ドル(約15万円)だ。決して安くない価格帯のため、キャリアの2年や4年縛りの契約で分割払いしたとしても、月々のケータイ代は1万円を超えるのは確実視されるだろう。

ガラパゴスケータイのように二つ折りにして使用できるため、二つ折りにして使いたいと思うユーザーはいると思われる。ただ、Galaxy Z Flipは4G回線を使用するため、5Gに対応していない。これから、世界的に5Gに切り替わるタイミングで、購入するかはユーザー次第である。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加