次のアップルペンシルはHaptic機能が搭載か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

アップルペンシルが発売されてから何年か経ったが、その過程で目覚ましい進化を遂げた、筆圧段階、無線充電など様々であり今度は圧力感知によって操作を可能にする可能性がある。




圧力センサーをペン内部に搭載

次世代のアップルペンシルはグリップ部に圧力センサーを内蔵、グリップ部分は内側と外側の両方で変形可能であり、情報を取り込むだけでなく、ユーザーに通知するようなことでも使用される。

センサーは、触覚フィードバックを介してユーザーに通知する場合、グリップ領域のハウジングを押し出すようだ。
書くという動作によって操作を邪魔されてはまずいので、利用者には小さな変形だけで通知する仕組みになっている。

Appleの出願では、周囲に複数の圧電デバイスがあり、ユーザーがスタイラスを保持する方法の種類等、複数の異なる位置で通知を可能にするようだ。

同時に、圧電デバイスは、ユーザーの手によって圧電デバイスに戻される力の量を読み取ることができ、これは利用者が実際にスタイラスを握っている方法をシステムに伝える仕組みになっている。

Appleは毎週、多数の特許出願を行っているが、特許を出願したからと言って将来の製品やサービスに現れることを保証するものではない、しかしAppleがどこで研究開発の努力を注いでいるかを知ることができる。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加