【世界の葉巻】第2段 コイーバ・シグロNo.2 編【連載】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

こんちわ、Shunです。喫煙歴1年も経たないのに、葉巻(シガー)に手を出してしまいました。好きなタバコの銘柄はウィンストンです。

今回は、以前筆者が吸ったキューバ産のコイーバ・シグロ No.2(写真のもの)について触れたい。そして、友人とシガーバーへ行って吸ったので、バーについても述べる。

ペティ・コロナサイズの最高級品。少し木の香りがする。

味わいに関しては、値段は一本¥2950と高くて高級感があり、木の香りのようで穏やかな印象を受けた。コイーバ・シグロNo.2はどちらかと言えば細く持ちやすいが、やはり太い葉巻(シガー)と比べると重厚感は少なかった。しかし、コイーバの方が、前回触れたロメオより、重厚ではあった。

筆者が行ったシガーバーは、新宿にあるBar Bruder(バーブリューダー)だ。雑居ビルの中にあり、階段を登るとある。

店内に入るとカウンター席がある。カクテルを飲みながら話しつつ、葉巻(シガー)を吸えることができる。

Bar Bruder







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加