新作のiPhoneのLightning端子は廃止か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

来年のiPhoneの充電規格であるLightning端子がなくなる可能性が浮上した。なぜ、そのようなことがあり得るのか。それは、1月30日、EUは全てのモバイル機器の充電端子を共通化する規制案を可決したからだ。ガイドラインは2020年7月までに策定される見込みとのこと。

もちろん、アップルはこの決定された規制案を守ることを求められる。なぜなら、アップルの大きなマーケットであるEUの決議案を無視することはできないからだ。主要国の一つのフランスのシェア率は30.95%、ドイツのそれは26.93%とある。


今回のEUの決議案に対して、アップルは異議を唱えていた。なぜなら、技術革新を抑え、電子機器の廃棄物を出してしまうからだ。

充電規格の統一は、アップルの市場独占を規制し、高いレベルの技術が制限される可能性がある。また、規格統一はアップル独自のアクセサリを使用できないようにしてしまうため、多くの廃棄物を出し、環境汚染を進めるとアップルは主張する。

結局のところ、アップル側の主張は通らなかったため、アップルは、ワイヤレス充電の規格かType-C充電のそれを早急に作らなければならない。

Source: 機種シェア状況







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加