Airbnb「AIで顧客がサイコパスかどうか判別する」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

民泊サービスのAirbnbが日本に進出してからしばらく時間が立ちましたが、利用方法が簡単であるがゆえに今までのホテルにはない特有の問題が起きているようです。




民泊内でドラッグパーティイベント

Evening Standardの報告によると、「特性分析ソフトウェア」であるこのテクノロジーは、オンライン宿泊施設およびホームステイプラットフォームがロンドンのホストから、ゲストの何人かが乱暴なパーティーに財産を使用したという苦情を受けた後に構築されました。

所有者から報告されたそのような事件の1つは、彼女の250万ポンドのアパートが悪用され、財産を破壊されたことを明らかにしています。

機械が人間を判断する時代へ

Airbnbが開発した新しいテクノロジーは、顧客のバックグラウンドチェックを実行し宿泊に適した客であるかを判断し、事前に可否を判断します。
今までホテル等ではホテルマンが宿泊客の身なりを見て宿泊を許可するかどうかを決めていましたがこういった仕事もAIにとって変わるのかもしれません。

Source







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加